PERSONベルフェイスの人

2020.08.07

自分の成長が、相手の成長に繋がっていく

  • ♯インタビュー

4月で期が変わるベルフェイスでは、通期の表彰式が行われました。

今回は、最優秀マネージャー賞を受賞された清水貴裕(しみず たかひろ)さんと、最優秀新人賞を受賞された神原宝さん(かんばら たから)さんにお話しを伺いました。

清水さんと神原さん、実は2019年4月、同時に入社された「同期」なんです!

同時に入社し、同時にベルフェイスでのスタートを切ったお二人のお話しから、互いの存在が、自分の成長に大きく関わっていたことが伺えました。

共に入社、そして共に「新しい挑戦」へ出発

ーー2019年、お二人が取り組まれていたことを教えて下さい!

清水:2019年は主にビジネスイネーブルメントチーム(以下ビジブル)の立ち上げと、神原くん含めた当時の新卒チームのマネージャーを兼務していました。

ビジブルとしては、社内の仕組みや、営業組織の可視化、それからルール作りなどを行いながら、ベルフェイスをどうやったら強い組織にしていけるかを考えていました。

先程、「神原くん含めた新卒チームのマネージャー」と言いましたけど、2019年卒の彼らは僕の同期でもあるんですよ。

みんな2019年4月入社です。

神原:僕は2019年にベルフェイス新卒一期生として入社し、7月からは現在のセールスチームに配属しています。

業務内容は、現在と同様にbellFaceを使いながら、時には直接訪問もし、組織の売上最大化に貢献していました。

先程清水さんがおっしゃっていたように、清水さんと当時の新卒メンバーは同期なんです。

清水さんは、入社してからずっと僕らを見守ってくれてたので、大変なこともありましたが、安心して新しいことに挑戦できていました。

▲オンラインにてインタビューを行いました!

相手の悩みは自分の悩み。いつも二人三脚で。

ーーお二人のエピソードを是非教えて下さい!

神原:清水さんを一言で表すと「仏みたいな人」なんです。

多分、僕だけではなく、当時の新卒メンバー全員が思っていることだと思います。

清水さんは、いつも笑顔で、僕達の成長を陰で見守ってくれていました。それは今も変わらないです。

清水:僕、神原くんに一番最初に言ったんですよ。「君はトップセールスになる。」って。

神原くん、覚えてる?

神原:もちろん覚えてますよ!笑 

これからトップセールスになります。本当に僕、まだまだなんです……。

清水:神原くんの優しいところとか、芯のあるところ、何よりも愚直で真面目なところを見て、「きっとこの人、正しく育ててあげさえすれば、放っておいても成長するだろうし、こういう人がセールスとしては大成する」と今までの僕の経験から思ったんです。

神原くんは、お客様の話しを聞き、お客様のためになることを考え、時間を作って調べ、提案し、そしてお客様に納得していただく、という一連の流れを愚直にやる営業マンなんです。

僕は彼とは違ってそういうタイプではないから、彼の営業スタイルは魅力的ですね。刺激になります。

神原:清水さんから「君はトップセールスになる。」という言葉を最初にもらった時に、ビックリしたのと同時に素直に嬉しかったのを覚えています。

僕にとっても清水さんは、今も昔も刺激を与えてくれる人ですね。

入社して最初の頃、本当にアポが取れなくて、悩んで清水さんに相談したことがありました。

その時に、「あなたは自分のものにするには時間がかかりますが、一度自分のものにしたら絶対放しません。だからゆっくりでいいんです。」って言われたんです。

「弱みすらも強みになる」ことを教えてくれました。「このまま頑張っていけばいい。しっかり考えて、時間をかけてもいいから、ゆっくりでもいいからやりなさい」って。

焦らず、このまま自分なりに一歩一歩進んでいけばいいんだということに、その時気付かされました。

清水:当時、僕も悩んでたんですよね。

僕は、今まで沢山の営業マンを教育してきてるんです。その中で、僕が指導してアポが取れない人なんか殆どいなかったはずなのに、神原くんはマジでアポがとれなかったんです。笑

「こんなことある?数打てばアポが取れるはずなのに!なんで!?」って感じで、悩んでました。

でも、神原くんから相談をもらったときに、彼はアポが取れている他の新卒メンバーと自分を比較して悩んでいた。

なので、「今は比較するフェーズじゃないし、他の人とかどうでもいいんじゃない?あなたはスーパー営業になる人なんだから。」という話をしました。

他の人と比較する必要なんてないと思ったんです。

▲他新卒メンバーを含む集合写真

互いが「成長」や「発見」のきっかけに

ーーこの1年を振り返って、自分の中でどの様な変化がありましたか?

神原:清水さんに「まずは自分のペースでやりなさい。」と言われてから、意識的に考える時間を作るようにし、周りを頼るようにしました。

清水さんの言葉は、僕を大きく成長させてくれたんです。

それまで、常に他と自分を比較ししながら動いていたんですけど、しっかり自分に思考を向けるようになりました。

それは僕自身にとって大きな変化であり成長でしたね。

少しずつ、そうしていった結果、新人賞をとることができた。それは自分にとって一番嬉しいことであり、成長を感じられた出来事でした!

現エンタープライズチームのマネージャーである浪岡さんに、

「狙って賞をとってみろ。狙いに行ってとれた賞は本当に味が違う。逆にとれなかった時すごく悔しい思いをする。どちらにせよ自分の成長や自信に繋がるから狙ってみろ。」と言われて、「絶対にとるぞ!」と決めました。

僕の人生で、狙ってとれた賞というのは初めてだったんです。

清水:僕の場合は、神原くん達新卒を間近で見て、色々なメンバーと一緒に働いていくうちに、自分もプレイヤーとして「周りを頼る」ようになったことが最大の変化であり成長です。

これまでのキャリアの中で、プレイヤーである期間はとても短いんですよ。

新卒2年目には部下がいたり、3年目くらいにはマネージャーとして10人程の部下がいました。前職では取締役でしたし。

マネジメントキャリアを経ていく中で、自分自身が決め自分自身でやると言うことが多かったし、誰かから頼られることの方が多かったわけですが、現在は1プレイヤーとしてベルフェイスに入社し、神原くん達や、他のメンバーと一緒に働いていく中で、色々な人に相談するようになっていった。

ベルフェイスは周りが強い。相談しやすいんですよね。

新しいアイディアを持っている人、僕よりもカスタマー思考のある人、熱意がある人、そして会社の全体の仕組みを知っている人が周りにいる。

信頼し合える仲間がいるんです。

ベルフェイスのメンバーというのは、Valueの一つであるfor Friendsというカルチャーが浸透しきっているので、社内の人達みんなが助けてくれます。

▲インタビューでも、仲の良さをとても感じるお二人でした!

2020年度がはじまり、改めて「自分」と向き合う

ーー2020年度はどんな「自分」になっていきたいですか?

清水:僕が結構論理的なタイプなので、高いゴール設定に対して何が必要かをちゃんと弾き出すタイプなんですよね。

しかし、ベルフェイスのビジョンを達成する為に自分自身が決めた高いゴール設定を達成するには、現時点の僕にはあまりにも何かが足りていないと感じています。

なので、最近はコーチングの勉強をするとか、知識を蓄えて、自分自身を底上げしていかないと、組織の足を引っ張ってしまう。

今のままでは、組織において自分が足かせになってしまうと感じているので、もう一度自分自身を見直そうと思っています。

神原:僕の場合、2019年度は、自分のことしか見えてなくて周りを巻き込むことがあまりできなかったんです。2019年度を振り返って、そこの部分は凄く後悔しています。

これからは、もう僕も新卒ではなく、組織から求められることも以前と変わってくる。そう考えた時に周りを巻き込める人間になりたいと思っています。

今期の僕の目標の中に「チームリーダーになって、チーム目標を達成すること」というのがあるんですけど、その目標は絶対に成し遂げたいです。

チームで成功するために、周りに目を向け、周りに影響のあるような行動をとっていける人になっていきたいですね。

最後に

インタビューがはじまってから終わるまでの間、お互いの受賞を自分のことのように喜び、讃え合い、感謝の言葉を何度も口にしているお二人をみて、絆の深さを感じました。

そしてお二人とも、新しい発見や新しい挑戦を常に楽しんでいました。

お互いがお互いの成長のきっかけになったという今回のお話しを伺い、私もお二人のように、誰かの成長の助けになるような、誰かを感動させられるような仕事をしていきたいと思います。